10代とは違う20代のニキビ。ケア方法とおすすめ化粧品はこれ!

10代が悩む思春期ニキビと違い20代のニキビ肌には多くの原因が考えられるので、自分にあったケア方法を見つけることが大切です。今まで手当たり次第にケア方法を試してきたあなた!もう悩むのはやめて、ニキビフリーのツルツル肌を手にいれませんか?

20代のニキビ肌のケア方法は?

ニキビのケアと聞くと高いお金と長い時間をかけて治すものと思われがちです。それはおそらく、あなたがどんな対策をしてもしつこいニキビを撃退することができかなかったからかもしれません。もちろんニキビをやっつけ美肌を手にいれるためには、ニキビによく効くスキンケア商品を使うことは必要不可欠。しかし、肝心なのはそれだけではありません。あなたが知らず知らずのうちにはまってしまっている悪い習慣を直す必要があるのです。

ここでは、あなたのニキビを改善するためにどんなことに注意しなければいけないのか、そしてニキビ撃退に効果のあるケア商品を紹介します。

20代のニキビ肌の原因

生活習慣の乱れ

生活習慣といっても種類はさまざまです。

まず百害あって一利なしといわれる喫煙について。わたしたち人間は、日々血液で栄養を体中にいきわたらせることによって健康を保っています。

しかし、喫煙により血管が縮まると必要な栄養を運ぶことができなくなるのです。実はこの血管に悪さをしているのが、誰もが一度は耳にしたことのあるニコチンと呼ばれる成分。

体が栄養不足になるというのは、お肌の状態も悪くなるということ。免疫力のなくなったお肌には、ニキビがなどのトラブルが起きやすくなってしまうのです。

 

続いて食生活について。あなたが普段食べているものは和食ですか?それとも洋食でしょうか?もし洋食をよく食べるのであれば、ニキビの原因として一度考えなければいけません。というのも、ニキビは洋食によく使用される肉やチーズなどの脂質のとりすぎによりできやすくなってしまうためです。

いまいちイメージがしにくいという方は、ジャンクフードを思い浮かべてみてください。ハンバーガーやポテト、フライドチキンなどを食べたあとはお肌がテカテカしやすくなっていませんか?皮脂はニキビにとって最高のごちそうです。ですので、こうした食べものをたべるときはお肌にとっての毒が入っていると思ったほうがよいでしょう。

それでは一体どんな食べものがニキビのできにくいお肌をつくってくれるのででしょうか?その答えはズバリ、「和食」です。和食に使われる食材にはニキビに効果のある栄養がたくさん含まれています。

たとえば、日本の代表食ともいえる納豆。これに含まれるオリゴ糖という成分は、便秘の原因ともいえる腸の善玉菌不足を解消してくれます。腸内環境はニキビとも密接な関係にあり、お肌をキレイにしてくれる善玉菌であるビオチンは便秘になるとどんどん減っていってしまうのです。つまり、なるべく納豆を食べたほうがニキビ予防につながるということになります。今まであまり食べていなかったというひとは、1週間で最低3パックは食べると効果的です。

ストレス

生活習慣の乱れにくわえ、ストレスもニキビ発生原因になります。ストレスにより気分が落ち込んだり体調を崩したりした経験はありませんか?ストレスは目に見えないものですが、度合いによってはお肌にも大きな変化をもたらします。

その原因となっているのが、ストレスを感じたときに分泌されるアドレナリンと呼ばれる成分。これはストレスから自分自身を防御しようとするために分泌され、皮脂がでるのを促す作用があります。つまり、日頃から会社や対人関係などで大きなストレスを感じている人ほどニキビができやすくなってしまうのです。

紫外線

適度に紫外線を浴びる程度であれば問題はありませんが、浴びすぎはお肌に大きなダメージを与える原因に。紫外線を浴びることで、わたしたちの体には活性酸素が発生します。これは免疫機能がある一方で強い毒性も持ちあわせており、たくさん作られることで皮脂を酸化させてしまうのです。さらに、酸化したベタベタの皮脂は毛穴につまるのでよりニキビができやすい環境になります。

生理周期の関係(ホルモンバランス)

女性の方は生理が近づくにつれニキビができやすくなるといった症状に悩まされたことがあるかと思います。女性は排卵後から生理が始まるまでの2週間は黄体ホルモンが多く分泌されます。逆に、この期間はニキビをつくるアクネ菌を減少させる抗菌ペプチドの分泌が極端に少なくなるので、お肌の免疫力が低下し無防備な状態に近づいてしまうのです。

乾燥

皮脂が分泌されているわけじゃないのにニキビができるの?と思った方もいるかもしれませんが、”皮脂が分泌されていないからこそニキビができやすい”のです。人間の肌は適度に皮脂が分泌されていることが望ましいとされています。

しかし、通常よりも極端に皮脂の分泌が少なくなると、お肌にあるべき必要な水分をためることができず毛穴を収縮してしまうのです。毛穴の呼吸が正常にできなくなれば、お肌から分泌された皮脂は少なくても徐々に蓄積されていきます。これによりニキビができやすくなるのです。

20代のニキビ肌を改善するスキンケア方法

ピーリングで角質を除去

ニキビに悩む人がたどり着くスキンケア方法のひとつとしてピーリングが挙げられます。しかし、これは誰にでも有効な方法ではなく、普段からさまざまなケア方法を実践している人には向きません。色んな方法を試してきたことによりお肌の調子が常に悪い状態になっているからです。

逆に、ピーリングに向いているのは、ニキビになった原因が単に自分のケア不足による汚れの蓄積によるものや、もとからニキビができやすいという人たちです。この場合は、古い角質をピーリングで除去することで汚れがとれ、ニキビができにくくなるので実践してみてください。

ターンオーバーを促す効果のある保湿

ニキビができやすい人の特徴としてお肌のターンオーバーが遅くなっていることが挙げられます。正常なターンオーバーに改善するためには、お肌に蓄える水分量を多くする必要があります。そのためには、女性であれば毎日必ずやるべき「保湿」が大切です。

しかし、保湿ができるものであれば何でもいいというわけではありません。ニキビ肌のターンオーバーを改善するためには、保湿だけでなく刺激からお肌を守るセラミドが含まれたスキンケア商品を使うと効果的です。

洗顔料や化粧品を見直す

ニキビを誘発する原因は洗顔料や化粧品にもあります。まず、洗顔料の多くは石油系の合成界面活性剤が使用されています。これは水と油が混ざらないための成分ですが、洗浄力が高いため一度の洗顔で必要な油分が完全に落とされてしまうというデメリットがあるのです。必要以上に皮脂が落ちてしまうと乾燥の原因となりニキビができやすくなってしまうので、できれば含まれていない洗顔料を選びましょう。

また、合成香料が使用されている化粧品にも注意が必要です。合成香料は名前の通り人工的に合成して作られた香料なので、人によってホルモンバランスの崩れやアレルギーを引きおこすことがあります。細かいことですが、こうした成分に気をつかって化粧品や洗顔料を選ぶことがニキビ撃退につながるのです。

コスメを刺激の少ないものに変える

リキッドファンデーションは油分が多く含まれているので避け、低刺激のミネラルファンデーションを選びましょう。これはリキッドタイプのものとくらべ界面活性剤があまり使用されていないという点で優れているため、ニキビ肌の人に向いています。また乾燥を促すこともないので、ニキビを悪化させる心配もありません。

20代のニキビ肌におすすめの化粧品

ルナメアAC

1,080円

120ml

http://item.rakuten.co.jp/master/a0029446/

ルナメアACのスキンコンディショナーはしつこくないしっとり感をキープしてくれるので、化粧水をつけたあとのベタベタが嫌いという人にもオススメできます。

オルビス クリアミニセット

1,200円

薬用洗顔料20g

薬用化粧水40ml

薬用保湿液14g

https://www.orbis.co.jp/small/9900027/

オルビスのクリアミニセットでは洗顔料と化粧水、保湿液の3つを試すことができます。ニキビに特化したスキンケアセットということで、含まれている成分もお肌に優しいものになっています。お肌を守る機能を高める紫根エキスやトラブルに負けない肌づくりに必要な甘草エキスなど植物からとった成分も含まれているので安心です。

アユーラ バランシングプライマーアクネ

4,200円

100ml

http://www.ayura.co.jp/products/detail.php?product_id=336

アユーラ バランシングプライマーアクネは保湿に特化したニキビ化粧水です。含まれている成分もビワの葉やオウバクから抽出した保湿の助けになるエキスばかりで、塗ったあとはしっとり感を演出してくれます。化粧水を手の上に出すと水のようにサラサラしていますが、顔につけるとモチモチするのでその魅力にハマるひとも少なくありません。

ノブ AC アクティブ

3,240円

135ml

http://noevirgroup.jp/nov/g/g51903/

ノブ AC アクティブはお肌の水分量を保つセラミドが含まれており、ニキビの発生を抑えます。その他ヒアルロン酸などの成分も含まれているので、うるおいもしっかりキープすることができます。また、ビタミンC誘導体なども入っているのでお肌のプルプルを保つことが可能です。使用中にニキビができたとしても治りの速さが他の化粧水よりも早いと人気です。

ビーグレン ニキビケア

1,800円

クレイウォッシュ (15g)

クレイローション (20mL)

Cセラム (5mL)

QuSomeモイスチャーゲルクリーム (7g)

http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=785

ビーグレン ニキビケアの洗顔料は微粒子の天然クレイが使用されており、お肌に溜まった汚れをごっそり落とすとともに、保湿をほどこしてくれます。新潟県産のモンモリロナイトとよばれる超微粒子が毛穴ひとつひとつに届くので、洗い残しが気になることもありません。

さらに、美容液にはビタミンC誘導体よりもよりニキビに効くとされるピュアビタミンと、Qusomeとよばれる浸透テクノロジーが組み込まれているので、使用してたった数日でニキビが薄くなると購入者から支持されています。

日々のケアでニキビのできにくい肌に

ニキビを撲滅するためには、まず「なぜニキビができたのか?」と原因を考える必要があります。そのうえで、自分にあったニキビ除去方法をみつけることが最重要です。

保湿やピーリングなど対策方法はたくさんありますが、短期間で色んな方法に手を出すのではなく、ひとつの方法である程度お肌の経過を観察してみましょう。自分の肌タイプ、生活習慣を見直しクリアな肌を目指して毎日のケアをするよう心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です