ニキビ予防の肌ケア、間違ったことしていませんか?正しい方法はこれ

あなたのニキビ予防のお肌のケア、ホントに正しいですか?一刻も早く消えてほしいニキビ。ですが頑張って予防ケアしているつもりでも、その方法が間違っていればぎゃくに悪化させる可能性もあるんです!正しい方法をしって、ニキビとサヨナラしましょ。

効果的なニキビケア方法

より効果的にニキビの予防ケアをするためには2つのポイントが重要です。

  • 自分の肌質を知ること
  • ニキビのできるメカニズムを知ること

ニキビの根本を知ることが、正しいケアにつながるんです。

ニキビ肌のケア方法

ニキビができてしまったお肌。これ以上悪化させたらニキビ跡になっちゃう!そんなお肌はどのようにケアしたらよいのでしょう。

自分の肌タイプを知る

まずは自分の肌タイプを知ることが大切です。肌タイプには以下の4タイプがあります。

  • 普通肌・・・ツルツルお肌。水分と皮脂のバランスが良い
  • 脂性肌・・・テカテカお肌。皮脂も水分も多く化粧崩れしやすい。赤ニキビができやすい
  • 混合肌・・・カサテカお肌。皮脂は多いけど水分が少ない。Tゾーンはテカるが頬や目の周りなどがカサつく
  • 乾燥肌・・・カサカサお肌。水分も皮脂も少なく、白ニキビができやすい

お肌のタイプに合わせたケアをしないと、お肌が荒れたりニキビが悪化したりしてしまいます。

肌に負担を与えない洗顔

皮脂を落としたいからってゴシゴシ洗顔していませんか?でも、ニキビができているお肌はとっても敏感。ゴシゴシ洗うとその刺激で、角質が分厚くなり、毛穴が細くなったり詰まったりするので、さらにニキビができやすいお肌になるんです。泡立てるタイプの洗顔を使い、もっちり弾力が出るまでしっかり泡立ててから、できるだけ素手で肌に触らないように、泡で汚れを包み込んで洗いましょう。

生活習慣の改善

体調が悪い時、生活リズムが乱れた時などにもニキビは顔を出してきます。

  • 胃腸や肝臓機能の低下・・・老廃物が排出されず、肌が荒れる
  • 睡眠の質の低下・・・皮膚の新陳代謝が乱れる
  • 偏った食事・・・バランスよく栄養が摂れず、肌が荒れる

普段の生活リズムを見直すことで、美肌作りをしましょう。

保湿

皮脂がニキビの大敵だから、ローションなどはとにかくサッパリタイプ!と思っていませんか?実はお肌は、水分が足りなくなるとその分を皮脂で補って肌を保護しようとします。つまり、逆に皮脂が増えてしまうんです!

その結果、皮脂をエサとするニキビの原因であるアクネ菌やマラセチア真菌が増殖してしまい、ニキビができてしまうというわけです。乾燥気味の人なら特に、お肌に充分な潤いをもたせることが、皮脂の分泌を抑えることにつながります。

皮膚科の受診

ケアをしてもニキビが治らなかったりひどくなったりする場合には、皮膚科を受診しましょう。放っておけば、一生悩むことになるニキビ跡になりかねません。

ニキビ跡をきれいにする方法

ニキビが治っても、その跡が気になりますよね?きれいになる方法はあるのでしょうか。

ビタミンC配合の化粧水と美容液を使ったスキンケア

美肌や美白に欠かせない成分であるビタミンC。お肌のターンオーバーを促進する働きもあるので、赤く残ってしまったニキビ跡や、デコボコを目立たなくしてくれる効果も期待できるんです。

そのビタミンCをお肌のために最大限摂取するには、やはりビタミンCが配合された化粧水と美容液を使ってケアすることをおススメします。ビタミンC たっぷりのフルーツなどを食べるのではダメ?と思われるかもしれませんが、ビタミンCは水溶性でしかも非常に不安定な成分のため、食べたり飲んだりしてもお肌に届きにくいんです。

ピーリング

古い角質をごっそり取り除き、新しいお肌に生まれ変わるピーリング。これなら簡単にニキビ跡を改善させられそうですが、これには注意が必要です。

今では自宅でセルフピーリングができるものがありますが、敏感肌や乾燥肌の方では、お肌がボロボロになっちゃった!っていうケースが実際にあります。不安のあるかたは専門のクリニックなどに行って、プロに相談しながらピーリングしてもらうことをおススメします。

ニキビの予防法

できてしまったニキビを直すのは大変!それならニキビができない肌作りをしましょ。

肌に負担を与えない洗顔

ニキビがある肌同様、ニキビがまだできていない時から、お肌に負担を与えないような洗顔をしていきましょう。毛穴から汚れを掻きだしたいからと言って、洗顔ブラシを使うのもおすすめできません。ぬるま湯でしっかり毛穴を開かせ、泡で優しく洗うだけで、毛穴の汚れもしっかり落ちます!

保湿

ニキビができてから保湿するのではなく、普段からしっかり保湿を心がけましょう。お風呂上がりには特に乾燥しやすいお肌の状態になっているので、できるだけ早く保湿してあげてくださいね。

定期的なピーリング

古い角質は、毛穴をふさいでしまったり、できたニキビにふたをして更にアクネ菌を増やしてしまうことになるので、定期的に角質ケアをすることをおススメします。市販されているピーリング剤は医療用に比べマイルドにできていますので、自宅で定期的にピーリングして、肌の新陳代謝を促しましょう。ただし、乾燥肌や敏感肌、ひどい肌荒れの人は、使用には十分に注意が必要です。

サプリの上手な活用

お肌のために正しい生活習慣を!とはいっても、忙しい現代人にはなかなかできることではありません。そんな時にはサプリメントを上手に取り入れましょう。偏りがちな食生活で摂るのが難しい栄養素を補ったり、ニキビができやすい人用など目的別に選べるサプリも販売されています。

ですが、サプリはあくまで補助するだけです。サプリを飲んでさえいれば安心ではありませんよ。

目指せ、ニキビのできない肌

毎朝、鏡を見てうんざりするのはもうたくさん!できちゃったニキビは早く治して、もうニキビができない肌作りをしていきましょう。鏡を見たらテンション上がるようなつやぷる肌を目指しましょ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です