できてしまう前のニキビケア!ニキビにならない肌を作ろう

できちゃったニキビケア前にできることってないの?できちゃってからではもう遅い!頑張ってケアしたところで治るまで数日かかるし、人に見られちゃうし、痕になってしまうかも(泣)。じゃあ、そうなる前にニキビのできないような肌ケアを始めましょ☆

ニキビになる前のケア

ニキビができると、痛いし、不快だし、憂鬱だし・・・できるたびにそんな思いに悩まされるくらいならニキビができない肌作りをしませんか?

ニキビができる前のケア方法

ニキビができる原因は大きく分けて3つあります。

  • 皮脂や汚れによる毛穴のつまり
  • 摩擦や紫外線などの刺激
  • ホルモンバランスの崩れ

これらの原因を取り除くことで、ニキビができにくくなる肌作りをすることができます。

触らない

普段から顔を素手で触ったり頬杖をついたりする癖がある方は、気を付けましょう。手にはいろんな汚れや雑菌がついていますし、頬杖などは摩擦の刺激になります。刺激が続くと肌の角質が分厚くなり、毛穴が細くなったり詰まったりしてしまうんですよ。

洗顔は朝と晩の2回行う

皮脂や汚れが原因とは言っても、1日に何度も洗顔するのは刺激が強すぎます。基本的には朝晩2回の洗顔が一番良いでしょう。たっぷり立てた泡で優しく包むように洗ってください。ゴシゴシこするように洗うのは厳禁です!また、スポーツなどで汗をかいた場合には、その都度しっかり汗を落としましょうね。

保湿

乾燥すると、お肌はこれ以上の乾燥を防ごうと、皮脂を分泌してバリアのように肌を保護しようとします。そうならないためにはまず保湿!洗顔後やお風呂上りにはしっかり保湿しましょう。

下地や日焼け止めなども油分を含むものは避ける

下地などには油分が多く含まれているものがあり、それがニキビの原因菌であるアクネ菌のエサとなってしまうんです。できるだけオイルフリーのサラッとしたものを選ぶことをおススメします。

メイクは早めに落とし、出来る限り肌を楽にしてあげる

疲れているとき、メイクを落とすのがついつい面倒でそのまま寝ちゃった・・・なんて経験ありませんか?これって、肌にとっても負担をかけているんです。しかも、ファンデーションは皮脂や水分を吸着しているので、乾燥も進んでしまいます。

メイクはできるだけ早めに落として、肌そのものをリラックスさせてあげましょ。

生理前のニキビの原因とケア方法

生理前になるとにきびがひどくなること、ありますよね~(泣)いったいなぜなんでしょう。その原因と対策に迫ってみます。

黄体ホルモンの影響を受けるため

生理前に分泌される黄体ホルモンは、皮脂の分泌量も増やしてしまう働きがあります。そのため、毛穴が詰まってしまいニキビの原因となるんです。

紫根エキス配合化粧品を使う

紫根(しこん)というのは、ムラサキ草の根のことで、なんと日本では江戸時代から皮膚の薬として使われてきました。その効果として

  • 殺菌作用
  • 抗炎症作用
  • 新陳代謝の促進

が挙げられます。普段のお手入れに紫根エキスが配合されたものを取り入れれば、ニキビのできにくい健やかなお肌作りができますね。

十分な睡眠時間の確保

眠りについてから3~4時間の間がお肌のターンオーバーにとって「ゴールデンタイム」と言われています。その時間帯に成長ホルモンが多く分泌されるため、肌の新陳代謝が促進されるんです。できるだけ日付が変わる前22時から23時ごろには眠りについて、良質な睡眠をしっかりとるのが、お肌の健康にも最適です。

栄養バランスのとれた食事

生理前は皮脂が多く分泌されるので、できるだけ脂っこいものは控え、ビタミンなどを多く摂るよう、栄養のバランスを考えた食事をとりましょう。また、普段からホルモンバランスを整えるために、イソフラボンを多く含む大豆食品を摂るよう心がけましょう。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、美肌効果もあるんです。

寝る前にしたいニキビケア方法

眠っている間の肌のターンオーバーをより効果的にする方法です。

市販薬の塗布

ニキビができてしまったら、炎症を起こす前にお薬で素早くケアしちゃいましょ!皮膚科に行くのが一番ですが、ちょっと時間が取れない場合は市販薬でも大丈夫。寝る前に患部に塗って、ひどくなる前に治しましょう。ただし、ステロイド成分が配合されているものは注意が必要です。患部以外の広範囲に塗布したり、長期間使い続けるのはやめましょう。

寝る前の食事、飲酒、入浴は避ける

良質な睡眠というのは、時間の長さだけでなく、深さや生活の中のリズムも大切です。ですが、食事や飲酒、入浴を寝る直前にしてしまうと、眠りが浅くなってしまいます。これらは寝る3時間前には済ませることをおススメします。

水を飲んでから寝る

体内の老廃物がきちんと排出されないこともニキビの原因となります。寝る前の水分補給は、そういった老廃物の排出を促してくれますよ。

ビタミンCを肌にたっぷり補給

美肌に欠かせない成分であるビタミンC。寝る前にお肌にたっぷりと補給させておきたいものです。ですが実はビタミンCはとっても不安定なので、ただ単にビタミンCを肌に塗ったとしても大半は壊れてしまいます。

そこで重要なキーワードが「ビタミンC誘導体」です。これは、壊れやすいビタミンCを安定させたまま肌に浸透させられるものなんです。化粧品選びの際は参考にしてくださいね。

深い眠りをとるための工夫を

「良質な眠りを」と言われてもすぐ簡単にできるものではありません。ですから、深く良い眠りが取れるよう自分なりの工夫をしてみましょう。例えば・・・

  • 寝る直前にスマホやPCは触らない
  • 自分に合う枕を見つける
  • アロマをたく
  • 部屋を真っ暗にする
  • ストレッチなどをする

などです。ご自分に合った方法で、快適な眠りを・・・。

適切なケアでニキビのできにくい肌へ

できてしまったニキビはお薬で治すしかありませんが、できにくいお肌にするためにできることってたくさんあるんです。日々、適切なケアを心がければ、あなたのお肌もニキビのできにくいつるつるお肌になれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です